So-net無料ブログ作成

コレステロールの役割とサプリメント

スポンサーリンク




コレステロールは体の中でどんな役割を果たしているのでしょうか。簡単に言うと、コレステロールは脂質の一種です。中性脂肪やリン脂質の仲間で、血液や脳、内臓など、全身に広く行き渡っていて、ホルモンや胆汁になるなど、コレステロールはとても重要な役割を果たしているのです。

一般に、コレステロールという言葉にいい印象を抱いている人は少ないようです。確かに、動脈硬化や生活習慣病の原因でもありますからコレステロール値が高いことは問題です。健康診断などで、コレステロール値が気になる人は、コレステロール値を下げる為にサプリメントなどで対処できますが、コレステロールは減らしすぎても体には良くないのです。

コレステロールが不足気味になると、人体の免疫力が失われ、血管の強度にも障りが出ます。また、善玉コレステロールと悪玉コレステロールがありますので区別が必要です。善玉コレステロールは、体内のコレステロールを運送しています。

悪玉コレステロールが増えすぎると、コレステロールが酸化してしまうことで変性し、血管壁に入り込み動脈硬化の原因となってしまうわけです。ストレス過多な生活を続けていたり、煙草の吸いすぎや運動不足、食生活の乱れが悪玉コレステロール増加の原因です。

サプリメント摂取と平行して生活習慣の改善やストレス解消に努めると、コレステロール値を下げることができるでしょう。サプリメントの利用や食事の見直しなど他方面からの工夫でコレステロール値をコントロールしましょう。コレステロールに効果的なサプリメントはいろんな種類がありますから、ご自分に合ったサプリメントを選んでいきたいものです。




スポンサーリンク


共通テーマ:健康 | 編集

Copyright © 健康ニュースあれこれ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。