So-net無料ブログ作成

海外就職の悪質商法に注意

スポンサーリンク




注意しなければならないのが、海外就職の人気とともに悪質な就職商法が増えているという事実です。就職を海外ですることばかりに気を取られていると、痛い目に合うかもしれません。

例えば面接商法というものが、悪質な就職商法に存在します。ホームステイや旅行の勧誘メールばかりが、海外就職に応募したはずなのに届くのです。海外企業の就職面接に来たはずが、の勧誘をされてしまったなど、面接そのものを利用した悪徳商法もあるといいます。

すぐにその場を去ることも、面接時に不穏な空気を感じた場合には必要なことです。あまりにもしつこく勧誘してくるようならば、専門機関に相談してみたほうが良いでしょう。悪質な商法の中には、試用商法といわれるものもあるので気をつけましょう。

試用期間だからと正規の給与より安い賃金で労働させた後、なんらかの理由を付けて正式雇用を拒絶するという商法です。正規雇用の意志が無いまま労働者を使い捨てのように扱うのは、確かに試用期間中は企業側から解雇することも可能とはいえ、違法行為なのです。

また違う悪徳商法に、査証商法というものがあるようです。雇用主である企業が、海外就職における就労査証の取得費用は負うことになっています。けれども、通常よりもさらに高い金額を求職者側に提示し、支払いを迫ってくる悪質な業者もいるようです。

海外就職を今後検討される場合は、しっかりと悪質商法についても情報収集しておきましょう。




スポンサーリンク


共通テーマ:求人・転職 | 編集

Copyright © 健康ニュースあれこれ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。